DX支援「ASTERIA Warp開発」

ASTERIA Warpとは

企業の持続的な成長や競争力強化に向けたDXの実現には、 情報システム部門に限定せず、業務部門に所属する非IT人材も含めた社内リソースを、 DX人材に育成していくことが、企業には不可欠となっています。 そんな中、最も注目されているのがASTERIA Warpです。

ASTERIA Warpはノーコード環境での設計開発を可能にし、業務の自動化やデータの活用を目指すデータ連携ツールです。 16年連続で国内シェアNo.1(※)を獲得し、1万社以上の企業で導入されています。 専門的な知識がない人でも利用可能で、システム間連携、データ分析、マスターデータ管理などに活用できます。

※テクノ・システム・リサーチ「2022年ソフトウェアマーケティング総覧 EAI/ESB 市場編」

クシムソフトの支援範囲

クシムソフトはこれまでの実績が認められ、2023年6月、ASTERIA Warpのテクニカルパートナーとなりました。 DXを実現したい企業様の、ASTERIA Warpの導入・開発・運用における様々な局面で、 クシムソフトがお役に立ちます。

? ASTERIA Warpテクニカルパートナーとは?

ASTERIA Warpを使った開発のエキスパート企業です。 ASTERIA Warpを使った開発に習熟した専門技術者が、お客様の開発作業を強力にサポートします。

①導入支援

②保守・運用

③新規開発・改修

その他、ASTERIA Warpに関して何かございましたら、弊社にお声がけください!

導入事例

CASE1 製品保守管理業務向け EUCツール

  • PJ期間:1年
  • 工数:30人月
  • 体制:2名
  • 担当:ASTERIA Warp構築(オンプレミス) IFアプリケーションの要件定義~リリース IF本数:35本
  • 今までメールを中心としていた業務依頼のコミュニケーションをクラウドサービスのCELFとASTERIA Warpを用いて業務効率化を実現。ASTERIA Warpにバックロジックを集約し、クラウドサービスをフロントとして保守製品の修理依頼や交換依頼を受け付け、各システムへの連携と各種対応部門への依頼やスケジュール登録などを一元管理する

CASE2 SFDC 会計連携

  • PJ期間:10ヵ月
  • 工数:15人月
  • 体制:2~3名
  • 担当:SuperStream-NXカスタマイズ対応    ASTERIA Warp構築(AWS)    IFアプリケーションの要件定義~リリース    IF本数:8本
  • SalesForce_CRMを利用し営業支援・販売管理を行っている顧客がSuperStream-NXを導入することとなり、仕訳データをはじめとするデータ連携のIFをASTERIA Warpで構築。 経理業務の効率化、多重入力の解消を実現。

問い合わせ先

お問い合わせはこちら
担当:ソリューション事業本部 本部長 小林    
   ソリューション事業本部 営業部 小林、飛澤